自己愛性人格障害と障害者手帳

自己愛性人格障害と障害者手帳

自己愛性人格障害と障害者手帳

自己愛性人格障害は、「障害」とついているだけに、障害者手帳がもらえるのではないかと思う方もいるのではないでしょうか。

 

人格障害では、障害者手帳の取得は難しいのですが、不可能ではありません。

 

ここでは、自己愛性人格障害と障害者手帳についてご説明していきます。

 

自己愛性人格障害と障害者手帳

自己愛性人格障害の方が取得できる障害者手帳は、精神障害手帳として知られている「精神障害者保健福祉手帳」という手帳です。

 

実際には、「自己愛性人格障害」を理由に精神障害手帳の交付が認められる場合というのは、非常に稀でしょう。自己愛性人格障害の方に手帳が交付される場合というのは、二次障害として、うつ病などの精神疾患にかかってしまっている場合です。

 

自己愛性人格障害の方で治療を受けているような場合は、他の精神疾患が原因で病院に行ったという方が多いでしょうから、その症状の程度によっては、精神障害手帳が交付されることもあります。

 

自己愛性人格障害と障害者年金

障害者手帳を手に入れると、障害者年金ももらえるのではないかと期待してしまう方もいます。

 

しかし、精神障害者の場合、そうそう簡単に年金が給付されることはありません。精神障害者に年金が給付されるような場合というのは、総合失調症、躁鬱病、てんかんといったような、働くことが難しいと認められる場合、そしてその状態が長期間続いているという場合になります。

 

二次障害として、うつ病を抱えていたとしても、障害者年金を狙って症状を改善しないような治療の進め方をするのはおすすめできません。障害者年金をもらうよりも、ちゃんと就職して仕事をした方が、よほど生活が楽になるからです。

 

障害者年金の給付額では、なかなか自由な生活は送れないでしょう。ですから、手帳を交付されたからといって、すぐに年金を目指すのはおすすめしません。

スポンサーリンク

関連ページ

生活保護