自己愛性人格障害と仕事・組織

自己愛性人格障害と仕事・組織

自己愛性人格障害と仕事・組織について

自己愛性人格障害と仕事・組織についての記事一覧になります。

自己愛性人格障害と仕事・組織記事一覧

職場のモラハラ・パワハラは自己愛性人格障害によって起こる?

近年、職場でのモラハラ・パワハラが問題化されています。これらの行為は自己愛性人格障害の人によって行われていると考えても良いのでしょうか。モラハラとパワハラの違いモラハラ(モラルハラスメント)とは精神的DVとも言える行為で、言葉や態度で相手を傷付け、精神的に不安定にさせて洗脳し、自分の思い通りに支配す...

≫続きを読む

自己愛性人格障害と組織の関係

職場の組織内に自己愛性人格障害の人が居ると、組織が崩壊してしまう事があります。組織の崩壊を防ぐにはどうしたら良いでしょうか。組織を崩壊させる自己愛性人格障害自己愛性人格障害は組織の中に気に入った人が居るとターゲットにします。すると気に入っているターゲットが自分以外の人と仲良くする事が許せなく、ターゲ...

≫続きを読む

自己愛性人格障害と退職

自己愛性人格障害の人が職場で問題行動を起こしている場合、退職させたいと思う人は多いでしょう。ではどの様に対処するべきでしょうか。まずは状況確認をする自己愛性人格障害の人を退職させるには、まずは被害状況の確認が必要となります。自己愛性人格障害の人によって何らかの被害を受けている人がどれだけ居るか、職場...

≫続きを読む

自己愛性人格障害と転職

自己愛性人格障害の人によって転職に追い込まれる人も居れば、自己愛性人格障害の人も転職に追い込まれてしまう場合もあります。転職した場合は何を注意するべきでしょうか。もし転職を繰り返している場合職場の居心地が悪くなり転職を繰り返している人は、自分に問題は無いか振り返る必要があります。職場の居心地を悪くし...

≫続きを読む

自己愛性人格障害の経営者・社長

自己愛性人格障害の人が経営者・社長である場合、会社が多くの利益を生み発展する場合があります。それは自己愛性人格障害の人の特有の思考・行動が原因です。自己愛性人格障害の人が経営者・社長になるとどうなるか自己愛性人格障害の人は良い意味でも悪い意味でも人を操る事が得意です。その為、会社の経営者・社長になる...

≫続きを読む

自己愛性人格障害の教師

自己愛性人格障害の教師は居るのでしょうか。居るとするとどの様な問題が起こるでしょうか。自己愛性人格障害の教師は居るのか自己愛性人格障害の人は「自分は優れている」という誇大妄想を抱いており、誰かの上に立つ事が当たり前であると考えています。その為、子供の上に立ち教育する立場である教師を目指す人は居り、実...

≫続きを読む

自己愛性人格障害とアルバイト

自己愛性人格障害は周囲から見てもすぐにそれだとはわかりませんし、ほとんどの方が普通の生活をしています。アルバイトをすることもあるでしょう。しかし、自己愛性人格障害の自分は特別だという意識は、アルバイトという、社会的な立場がないような属性になっているときに、問題になってしまうかもしれません。ここでは、...

≫続きを読む

自己愛性人格障害と営業

すべての自己愛性人格障害の方にあてはまるわけではありませんが、自己愛性人格障害の方は、営業向きだという方もいます。向かない営業もあるのですが、特定の営業職では才能を発揮出来るという方もいるでしょう。これはなぜなのでしょうか。ここでは、自己愛性人格障害と営業という仕事について考えてみましょう。自己愛性...

≫続きを読む

自己愛性人格障害の教師・教授

教師や教授といった、人に何かを教えるという職業にも、自己愛性人格障害の方はいます。特に公務員である国立・県立・市立の学校に勤めている場合、法に触れるなどといったような、よほどのことをしない限り解雇されたりすることはありませんから、一度教職に就ければ、自己愛性人格障害を理由に仕事を失うことはありません...

≫続きを読む

自己愛性人格障害の芸術家

自己愛性人格障害は、普通の会社でサラリーマンとして働くと、周囲も自分もさまざまな面でストレスを感じることがあります。特に周囲には嫌な気持ちにはさせやすいでしょう。では、例えば芸術家のように1人で働くような職業であればどうでしょうか。ここでは自己愛性人格障害の方が芸術家である場合について考えてみましょ...

≫続きを読む

自己愛性人格障害の作家

作家や漫画家といった、ストーリーを考えるような職業には、自己愛性人格障害の比率が多いようです。これは、なぜなのでしょうか。ここでは、自己愛性人格障害の作家について考えてみましょう。自己愛性人格障害だと作家向き?有名な作家の中に、自己愛性人格障害だったのではないかと言われている方がちらほらいます。誰も...

≫続きを読む

スポンサーリンク