私が依存したのは自己愛性人格障害

私が依存したのは自己愛性人格障害

私が依存したのは自己愛性人格障害

私は30歳、女性、今は結婚しパートで働いているルイです。

 

20代前半にお付き合いしてた方が自己愛性人格障害者でした。初めて出会ったときは全く感じられず普通でしたので気付くこともなく、何度もデートや飲みに誘われ毎回お断りしていたんですが、私が当時働いていたお店にお客様として来られて、そこから親しくなりお付き合いするようになりました。

 

数ヶ月は何の変化もなく普通のお付き合いでしたが、私が友達と遊びに行くことを良く思わないところから始まり、意見を聞いてもらえなくなり、常に束縛し所有物化していき、暴力を振るったり、私が仲良くしている男友達にすごい剣幕で詰め寄ったりすることが多くなりました。

 

だんだんと私は「彼を怒らせた自分が悪いんだと」思うようになり、彼から離れることも嫌いになることができず、数年お付き合いしました。

 

しかし、彼も少し自覚はしているのか改善しようとしていましたが、それは私に対することだけで、同僚との付き合いは部下を完全に従わせ、自分と考えが違う方には従うまで追いつめていました。

 

私はさすがに変だと思い始めネットで調べ自己愛性人格障害にたどり着きました。

 

幼少時代両親が離婚していたりと当てはまることが多々ありましたが、私はその記事を見てもどうにかならないか、いま彼を助けないと彼がこの先どうなるのか不安でした。

 

私が取った行動は「別れることになっても、ありのままの彼をとことん愛する」、周りに彼を少し理解してもらう、私の言動も彼に理解できるように伝え方を変えました。

 

本当に苦痛で辛い時期、全て投げだして逃げたいときもありましたが、それでは意味がないと踏ん張りようやく光が見えてきました。そんなとき彼が「結婚したい」と言い出し、私は「いいよ」と答えましたが昔の記憶や思いが甦ってきたのか、それからまた悪化していき、私は堪えられず別れる決心をしましたが簡単にはいかず苦労しました。

 

そのときに私は彼に何が原因か伝え、これからも改善できるように行動してほしい、他の人のを良く考えてほしいと、そして私は引っ越しをして連絡も絶ちました。

 

今、私は別の方と結婚をして地元も離れていますが、たまたま彼と数年ぶりに会うことがあり近況を聞きました。

 

私が離れたことによって何かに気付いたようで「怒らない、他人の考えを尊重する、愛する」これを心掛けているようです。その後は会うことも連絡を取ることもないですが、以前よりは落ち着いてるように見えました。自己愛性人格障害だとしても幸せになれます。このような彼がいる女性のかた、無理しないでください、無理になったときは誰かに助けてもらってください。

スポンサーリンク