自己愛性人格障害が求める母性

自己愛性人格障害が求める母性

自己愛性人格障害が求める母性

自己愛性人格障害は育った環境が影響して発生してしまう障害だということは、すでにご存知でしょう。彼らは、愛情に飢えています。

 

育った環境のパターンはさまざまですが、愛情に飢えているということは共通しています。そして、特に母性を求めているのです。

 

自己愛性人格障害の人は真の母性に飢えている

自己愛性人格障害は、家庭環境が原因であると言われています。自己愛性人格障害の方というのは、子どもの頃、親の無条件の愛情を十分に受け取れなかった人たちに発生してしまう障害で、その多くは、親が望むような自分でなければ愛してもらえない、つまり条件付きでないと愛してもらえないという状況下で育ってきています。

 

また、ネグレクトなどで全く構ってもらえなかったという方も、自己愛性人格障害になりやすいでしょう。度の過ぎた過保護も、愛ではなく束縛になってしまい、自己愛性人格障害を生み出しかねません。

 

つまり、自己愛性人格障害とは本当の意味での母性的な愛を得ることができずに育ってしまった方に起こりやすい障害なのです。そのため、無意識に自分の全てを受け入れて欲しい、愛して欲しい、とある意味母親のような愛を周囲に求めてしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人が子供を育てるとき

前述のように、自己愛性人格障害の方は、本当の意味での愛情に飢えています。そして、それを体感していませんから、それがどういったものか学習できていません。

 

ですから、自己愛性人格障害は自分の子供に対して、正しい母性を発揮することが大変困難です。また、子供が大きくなった時に、自分より優れていると感じる部分を見つけると、攻撃対象にしてしまうこともあります。子供が2人以上いるなら、どちらかをえこひいきして、どちらかを攻撃対象にするということもあるでしょう。

 

こういった環境下では、子供は母性を感じることができません。自己愛性人格障害の方の子供が必ず自己愛性人格障害になるというわけではありませんが、他の精神的な障害や疾患を抱えてしまう可能性は通常よりも高いでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

特徴(恋人や家族など)
顔つきの特徴
特徴:嘘
被害妄想
女性の特徴
男性の特徴
ターゲットにされる人されない人
謝らない?
演技性人格障害との違い
口癖
軽度
詐欺師に多い?
タイプ
取り巻きがいる場合
能力
犯罪者になりやすいのか
併発しやすい病気・障害
魅力的なのか
子供
老人
サイコパスとの違い
パワハラ・モラハラ
マザコンが多い?
自慢話が大好き
暴力
共依存
相性や恋愛
適職
洗脳
仕事との関係
記憶障害
前頭葉
嫌われ者
タイプ・分類
被害者ぶる
人を切り捨てる
理解力
嫌がらせ
妄想
表情や立ち振る舞い
人の話を聞かない
生き方
依存
暴言
美人やイケメン
怒り方
言い訳
なぜ偉そうなのか
空気が読めない?
逆恨み
スケープゴートを作る
嫌がること
虚言癖
共感能力
負けず嫌い
逆切れ
謝れない人は病気?
行動パターン
外見・見た目
抑うつ型
脳内変換
イライラやストレス
エリート意識
ごますり
つきまとい
ドタキャン傾向
ネガティブ思考
人をバカにする
プライド
他人のプライベートを探る
プレゼントを渡す意味
ペットへの扱い
メールの仕方
豆腐のメンタルで打たれ弱い
わざとらしい
悪口
違和感
飲み会
演技
外面のよさ
他人への甘え
距離感
愚痴
人を見下す
現実逃避
変わった言動
嫉妬
笑い方
真似をする
責任感
全能感
操作型
損得勘定
知能
粘着質?
偏食
敵と味方の区別
友人関係の特徴
幼児性
理想化と脱価値化
裏切り
冷酷か
劣等感
露出
浪費
話が長いか
話が通じないのか
傲慢である
中学生
中年期の危機
病気を認めない
10代
20代
30代〜40代
50代〜60代
ギョロ目か