自己愛性人格障害の幼児性

自己愛性人格障害の幼児性

自己愛性人格障害の幼児性

自己愛性人格障害の方々は、周囲から見ると我慢がきかず、とても子供っぽく見えることがあります。大人であればできるような判断も、自己愛性人格障害の方ではなかなか難しいということもあるでしょう。

 

ここでは自己愛性人格障害の幼児性について、ご説明していきます。

 

自己愛性人格障害と幼児性

自分は特別な存在で、人よりも優れているといった妄想は、幼少期に誰しも一度は持つことがあるでしょう。すべてが自分の思い通りになり、思い通りにならないときは大暴れをすれば周囲が言うことを聞いてくれたり、構ってくれたり、常時褒められたりという経験を幼少期にしたことがあるという方は少なくないのではないでしょうか。

 

幼少期にそういった時期があり、自分を特別な存在だと思ったとしても何ら問題はありません。度を過ぎていなければ、寧ろ微笑ましくも見えるくらいです。

 

しかし、自己愛性人格障害の方というのは、そういった誇大妄想を大人になっても抱えてしまっています。そのため、周囲から見ると幼児性が高く、まるで駄々をこねる子供のように見えたりするのです。

 

自己愛性人格障害の人が幼児性を覗かせる時

自己愛性人格障害の方の幼児性を感じるのは一体どのようなときなのでしょうか。一番わかりやすいのは、彼らの思い通りに事が進まず、なんとかして思い通りにしようとしているとき、若しくはどうしても思い通りにならずにイライラしている時でしょう。

 

そういった時、まるで子供のように周囲に当たったり、怒鳴ったりするようなこともあります。

 

また、幼児的な万能感を常に抱いているため、まるで子供が自分をテレビのヒーローだと思っているのと同じような言動を繰り返します。

 

周囲からはあきれられていたり、変わった人だと思われていたりするのですが、本人はそれに気づくことはあまりないでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

特徴(恋人や家族など)
顔つきの特徴
特徴:嘘
被害妄想
女性の特徴
男性の特徴
ターゲットにされる人されない人
謝らない?
演技性人格障害との違い
口癖
軽度
詐欺師に多い?
タイプ
取り巻きがいる場合
能力
犯罪者になりやすいのか
併発しやすい病気・障害
魅力的なのか
子供
老人
サイコパスとの違い
パワハラ・モラハラ
マザコンが多い?
自慢話が大好き
暴力
共依存
相性や恋愛
適職
洗脳
仕事との関係
記憶障害
前頭葉
嫌われ者
タイプ・分類
被害者ぶる
人を切り捨てる
理解力
嫌がらせ
妄想
表情や立ち振る舞い
人の話を聞かない
生き方
依存
暴言
美人やイケメン
怒り方
言い訳
なぜ偉そうなのか
空気が読めない?
逆恨み
スケープゴートを作る
嫌がること
虚言癖
共感能力
負けず嫌い
逆切れ
謝れない人は病気?
行動パターン
外見・見た目
抑うつ型
脳内変換
イライラやストレス
エリート意識
ごますり
つきまとい
ドタキャン傾向
ネガティブ思考
人をバカにする
プライド
他人のプライベートを探る
プレゼントを渡す意味
ペットへの扱い
メールの仕方
豆腐のメンタルで打たれ弱い
わざとらしい
悪口
違和感
飲み会
演技
外面のよさ
他人への甘え
距離感
愚痴
人を見下す
現実逃避
変わった言動
嫉妬
笑い方
真似をする
責任感
全能感
操作型
損得勘定
知能
粘着質?
偏食
母性
敵と味方の区別
友人関係の特徴
理想化と脱価値化
裏切り
冷酷か
劣等感
露出
浪費
話が長いか
話が通じないのか
傲慢である
中学生
中年期の危機
病気を認めない
10代
20代
30代〜40代
50代〜60代
ギョロ目か