30代〜40代の自己愛性人格障害

30代〜40代の自己愛性人格障害

30代〜40代の自己愛性人格障害

自己愛性人格障害は、年を重ねれば重ねるほど、回復がしにくいものだとされています。20代までに治療を始めることができれば、回復の見込みがあるのですが、30代や40代の頃の自己愛性人格障害はどうなのでしょうか。

 

ここでは、30代?40代の自己愛性人格障害について考えてみましょう。

 

30代?40代の自己愛性人格障害は治るのか

30代?40代の自己愛性人格障害が治るかどうかというのは、それまでの状況にもよるでしょう。例えば、治療自体を20代のうちに始めたという人が、30代にさしかかってしまったという場合は、まだまだ治る見込みがありますし、治療によって、徐々に逸脱した行動が少なくなっていきます。

 

しかし、40代ともなると、かなり難しくなってきます。年齢を重ねれば重ねるほど、それまでの自分を変えることが難しくなってくるからです。

 

また、30代以上になると、自分が自己愛性人格障害であると認めることも難しくなってきます。そのため、30代以上になって、周囲が自己愛性人格障害に気づいたとしても、治療を始めること自体難しいのです。

 

自己愛性人格障害の疑いがある人が30代?40代だった場合

もしも周囲に、自己愛性人格障害の特徴を多く見せる人がいて、その人が30代以上だった場合は、どうすればいいのでしょうか。

 

その人物が職場の同僚だとか、ママ友など、どうしても付き合わなければならないという相手である場合は、距離を取りながら、うまくつきあっていきましょう。その人の性格を変えられるものだと思ってはいけません。

 

ただし、その人物が家族など、とても近い関係にある場合は、別です。自己愛性人格障害の可能性を訴え、診断を受けるように一度は話してみてもいいでしょう。

 

30代以上の自己愛性人格障害では、自分を病気だと認めることができるかどうかが、治療を始められるかどうかの鍵となります。

スポンサーリンク

関連ページ

特徴(恋人や家族など)
顔つきの特徴
特徴:嘘
被害妄想
女性の特徴
男性の特徴
ターゲットにされる人されない人
謝らない?
演技性人格障害との違い
口癖
軽度
詐欺師に多い?
タイプ
取り巻きがいる場合
能力
犯罪者になりやすいのか
併発しやすい病気・障害
魅力的なのか
子供
老人
サイコパスとの違い
パワハラ・モラハラ
マザコンが多い?
自慢話が大好き
暴力
共依存
相性や恋愛
適職
洗脳
仕事との関係
記憶障害
前頭葉
嫌われ者
タイプ・分類
被害者ぶる
人を切り捨てる
理解力
嫌がらせ
妄想
表情や立ち振る舞い
人の話を聞かない
生き方
依存
暴言
美人やイケメン
怒り方
言い訳
なぜ偉そうなのか
空気が読めない?
逆恨み
スケープゴートを作る
嫌がること
虚言癖
共感能力
負けず嫌い
逆切れ
謝れない人は病気?
行動パターン
外見・見た目
抑うつ型
脳内変換
イライラやストレス
エリート意識
ごますり
つきまとい
ドタキャン傾向
ネガティブ思考
人をバカにする
プライド
他人のプライベートを探る
プレゼントを渡す意味
ペットへの扱い
メールの仕方
豆腐のメンタルで打たれ弱い
わざとらしい
悪口
違和感
飲み会
演技
外面のよさ
他人への甘え
距離感
愚痴
人を見下す
現実逃避
変わった言動
嫉妬
笑い方
真似をする
責任感
全能感
操作型
損得勘定
知能
粘着質?
偏食
母性
敵と味方の区別
友人関係の特徴
幼児性
理想化と脱価値化
裏切り
冷酷か
劣等感
露出
浪費
話が長いか
話が通じないのか
傲慢である
中学生
中年期の危機
病気を認めない
10代
20代
50代〜60代
ギョロ目か